海外送金手数料 比較サイト。

■このホームページでは海外送金に関する各種情報を提供していきます。海外旅行、海外出張、留学などで必要になる、外貨両替のお得な方法や、海外への送金方法について
これらの情報が皆様のお役に立てれば幸いです。

海外送金&お金の持ち込み 手数料 比較

■銀行経由で海外送金の場合
 銀行 送金手数料  為替
手数料 
100万円送金の場合の手数料合計(1$=100円の場合)
ゆうちょ銀行 2,500円 1ドルあたり1円 12,500円
シティバンク 2,000円
(残高が100万円の場合)
1ドルあたり1円  12,000円
新生銀行 4,000円  1ドルあたり1円 14,000円
三菱東京UFJ銀行 6,000円 1ドルあたり1円  16,000円
みずほ銀行 7,000円  1ドルあたり1円 17,000円
 上の表から、ゆうちょ銀行、シティバンク(ただし残高100万円以上、100万円未満の場合は4,000円)の手数料がお得であることが分かります。ただ、どの銀行も為替手数料として1ドルあたり1円かかってしまいます。つまり約1%が為替手数料となり、その割合も100万円を両替する場合は10,000円もかかってしまいかなり高いことが分かります。
 では、多くの人が海外旅行をする時に行っている、現金で日本円を持ち込み現地の銀行で両替する場合はどうでしょうか?

■現金を海外に持ち込み、現地の両替所で両替
 国 両替手数料  100万円を両替する場合の手数料合計
中国 3.6%
2010年9月中国銀行
36,000円
 台湾 1.5%
2010年9月台湾銀行
15,000円 
マレーシア 5.6%
2010年8月CIMB銀行
空港カウンター
 56,000円
※両替手数料は時期や各銀行によって異なります。参考程度にお考えください。 
上記の表から現金を持ち込むことはかなり不利であることが分かります。マレーシアの空港内の銀行にいたっては5.6%もの手数料が取られます。
 では、海外のATMから直接外貨を下ろすことができる、国際キャッシュカードはどうでしょうか?

■国際キャッシュカード
国際キャッシュカードとはは、国際的なATM網(PLUS、Cirrus等)と提携した海外のATMやCDで現地通貨で預金が引き出せるサービスです。
 銀行 使用手数料  10万円を現地で引きおろした場合の手数料合計
新生銀行 両替手数料:4%
その他の手数料一切なし
4,000円
 スルガ銀行 両替手数料:3%
引出手数料 210円/回
 3,000円+210円×(引出回数)
ATMでは一度に引き出せる金額に限度があるため、海外でスルガ銀行のカードで10万円を引き出す場合、何回かに分けて引き出す必要があります。ちなみに中国のATMでは一回の引き出し額上限は2000元が多いため、10万円相当を引き出したい場合は4回に分ける必要があります。
 管理人は現在上記の銀行送金、現金持込、国際キャッシュカードよりもっとお得な方法を使っています。その方法は

■FX+シティバンクでで海外送金の場合
  送金手数料   為替
手数料 
100万円送金の場合の手数料合計(1$=100円の場合)
FX+
シティバンク
2,000円
(残高が100万円の場合)
 1ドルあたり0.2円 4,000円


海外送金ナビゲータについて

当ホームページの管理人は現在海外に在住。管理人の実際の経験から海外送金・外貨両替方法について役立つ情報を提供します。

関連情報

当サイトお勧め海外送金節約方法
マネーパートナーズ 口座開設