ポイント2. 一番安い方法で外貨を受取る

銀行振込をする際には、振り込む側が手数料を支払いますが、外貨の場合受け取る側にも支払いを行う必要がでてきます。FXの用語で「リフティングチャージ」と呼びます。 また、外貨を現金で受取る(出金する)ときにかかる外貨引出手数料もあります。


では、外貨受取手数料(リフティングチャージ)と外貨引出手数料の安い銀行はどこでしょうか?
銀行 外貨受取手数料
(リフティングチャージ)
外貨引出手数料
シティバンク
無料 シティバンク手数料210円
+ATM利用手数料0~3米ドル

※アメリカ国内で出金する場合
みずほ銀行 2,500円 一律1,000円
※国内のみずほ銀行利用の場合
三菱東京UFJ銀行 1,500円  1ドルあたり1円80銭  
その他銀行  約4,000円  約3円 

上記の表からアメリカ国内で米ドルを出金する場合はシティバンクがお得です。
三菱東京UFJ銀行は外貨引出手数料とて、1ドルあたり1円80銭もかかってしまうので、除外となります。

ユーロ、オーストラリアドル(豪ドル)、ポンド、カナダドルなどでの両替を考えている方はみずほ銀行がお得になります。
外貨引出手数料も固定で1,000円ですので、両替する金額が多ければ多いほどお得になります。

では、トータルでお得な組み合わせはどうなるのでしょうか?


[ ←FX利用で外貨両替時に必要な手数料] [ 外貨両替に最適のFX業者と銀行の組合せ→ ]
≪ 外貨両替ナビゲータ ≫
現金持込は損だった
外貨両替手数料 お得ランキング
このHPお勧めの両替方法
ポイント1. 一番安い方法で両替する
FX利用で外貨両替時に必要な手数料
ポイント2. 一番安い方法で外貨を受取る
外貨両替に最適のFX業者と銀行の組合せ
マネーパートナーズとシティバンクを利用して米ドルを両替する
マネーパートナーズ+みずほ銀行を利用して両替
空港で外貨を直接受取る
シティバンクでトラベラーズチェックを発行する


外貨取引FX投資ツール

関連情報